スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PT1運用環境について

生産終了が報じられてからアホみたいに値上がりしているPT1。さすがに6万円は無ぇだろ。
でもPT1の便利さを知ってしまうと普通のPC用地デジチューナーなんて買う気になれないのも事実。

ただ、使い始める時のハードルが少しだけ高いのも事実で、有志により開発された様々な対応アプリを色々と試して自分に合った構成を探る必要がある。
まぁそれも楽しみの1つに含まれるんだけどね。

とりあえず現時点の俺構成をメモ。

【前提条件】
 ・録画PCは24時間稼動させているため、サスペンド/休止系の考慮は不要。
 ・チューナー非搭載PCを使ってLAN経由でライブ視聴したい。
 ・チューナーはPT1を使用。BS/CSは見ない。つかアンテナが無い。

(1) 予約録画アプリ
  EpgDataCapBon(EDCB)を選択。TVRockの強力な番組表機能も捨て難かったけど、
 予約スケジューラと録画アプリはセットの方が良いかな?という事で。

(2) 視聴アプリ
  TvTestで確定。

(3) Bonドライバ
  Spinelを使用。複数アプリのチューナー共有とLAN経由でのライブ視聴を実現する。
 安定録画重視ならEDCBから直接PT1をドライブするべきなんだろうけど、
 Spinelのチャンネル排他制御機能を使うことで 
 「録画予約時間を忘れて視聴し続けてたら録り逃したでござる」を避けられるメリットは大きい。
 Bon_spinelドライバがLAN経由視聴にダイレクト対応しているのも便利。
  ちなみにSpinelに適用したBonドライバはBonDriver_PT1-ST

(4) B25Decoder
  非常に残念なことに、Spinel3.0.8とB25Decoder2.10の組み合わせだと、
 特定チャンネルに切り替えた瞬間アクセス違反が発生して強制終了してしまう。
 仕方ないのでEDCB同梱の旧B25Decoderを利用。

(5) BonCasLink
  BonCasLinkを使用して録画PCに接続したB-CASカードをチューナー非搭載PCと共有する。 
 Spinelに搭載されているB25Decoder機能が使えればいいんだけど、
 前述のとおりB25Decoder2.10が使えないので。(Spinelでは旧B25Decoder利用不可)
 SpinelにB25Decoder相当の機能が実装されることを期待したいところですが…

コメント

非公開コメント

プロフィール

jot

Author:jot
俺のメモ帳へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。