スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【買物メモ】 Windows7搭載タブレットPC Acer ICONIATAB W500

【購入品】

 Windows7搭載タブレットPC Acer ICONIATAB W500


【選定理由】

 Windowsアプリが動き、それなりのパフォーマンスを持つ(Atomじゃない)CPUを搭載して、液晶解像度がXGA以上で、5万円以下のタブレットが欲しかったので。
 なぜWindows搭載のタブレットに拘るのかって?そりゃあ構築済のBonDriver環境を使って寝転がりながらテレビ見るためですよ!


【使用感】


 Webブラウジング等の使用感については他のレビュー記事があるので割愛。多少の引っかかり感があれど通常利用では概ね問題ないです。
 搭載OSが32bitって点も個人的には○。現時点ではメモリ2GBのPCに64bitのWindows載せられてもデメリットしか無い。
 搭載メモリが2GBで増設不可(しかも400MBくらいVRAMに持ってかれる?)というのは場合によっては不足ぎみになるけど、メモリが増える=スリープ(S4スタンバイ)への移行/復帰の時間が長くなるので、2GBで丁度いいかも。

 電池の持ちは…無線LAN経由で遠慮なく動画(MPEG2-TS)を再生しまくって3時間ってところかなぁ。バッテリーが取り外し不可=予備バッテリーが携行できないので、長距離移動時には注意かも。

以下、俺的アプリケーション利用時の所感。

(1) BonDriver_Spinel+TVTestを使用した、TCP/IP経由でのTV視聴
 802.11nの無線LAN環境であれば問題なく視聴OK。
ちなみにMPEG-2デコーダはWindows7標準、レンダラはEVRを使用するのが無難か。特にMPEG-2デコーダはGPUアクセラレーションが効果的に働いてくれるのか、ATI MPEG VIDEO Decoder使った場合よりも再生時のCPU負荷が小さい模様。
 親機が802.11gの無線LAN環境だと帯域不足になりがち。まあ802.11gの実効スループット(15~20Mbps程度)を考えれば無理もないわけで、無線LANで快適にTS観るなら802.11nは必須でしょう。
 ちなみにスクランブル解除はチューナー(PT2)搭載PCのSpinelで行い、Tab側の負荷をなるべく減らしている。勿論、BonCasLinkを使用してTab側でスクランブル解除しても再生可。

(2) BonDriver_File+TVTest を使用した、ネットワークフォルダ内に保存したtsファイルの視聴
 802.11nの無線LAN環境であれば問題なく再生OK。デコーダ等の設定は上記と同じ。
ちなみに802.11gの無線LAN環境だと更に帯域不足となりマトモに再生できない場合も。tsストリーム+SMBのオーバーヘッドで通信量増えるから仕方ない。

(3) TVTest+ニコニコ実況(標準アプリ)
 コメント弾幕状態になるとコメントの流れが1fps程度になる場合も。動画再生に影響を及ぼす場合もあり。かなり厳しいけど使えない事もないって感じか。さすがにタッチ操作でコメント書き込むのは無茶ですが。

(4) BonDriver_Spinel+bwtuner+Windows Media Center で地デジのデータ放送の利用
 とりあえず利用可能。しかしタッチ操作ではデータ放送画面での上下左右の操作が不可能で、キーボード等無しでは殆ど操作できない。データ放送表示→フルスクリーン解除→ソフトウェアキーボード表示ってすれば操作できなくもないけど…。
 もっさり気味なWMCのUIが、タッチ操作だと更にもっさり感が増すし、殆ど使わないタイムシフト再生のために貴重なSSDの書換可能回数を浪費するし…。どーしてもデータ放送を利用する時以外はWMCを使う必要性ないですな。

(5) PC-6001VW
 ノーウェイト動作で380%~510%程度。定格動作(CPU100%、フレームスキップ無し)では問題ないけど、高速テープロード時に若干パワー不足を感じるかも。
 縦画面にして画面下にソフトウェアキーボードを表示させて使用するスタイルが良い感じ。なお、実行中にディスプレイを回転させると結構な確率でPC-6001VWがフリーズするので要注意。


【問題点】

(1) お世辞にも軽いとは言えない
 重さ970g。500mlペットボトル2本弱の重さ。片手で持って操作し続けるには結構辛い。

(2)ニコニコ動画はカクつく場合がある
 Youtubeは概ね問題なく再生できるんですけどね。コメント処理が重いんでしょ多分。

(3) ACアダプタが使いにくい
 ACアダプタの供給電圧はノートPC並の19V(実測値)。iPadやAndroid系タブレットのようにUSB充電が出来ないため、旅行等に持って行く際は専用のACアダプタ携行が必須だが…。小ぶりとはいえこのサイズと形状でコンセント直挿しはキツいです。
 せめてもの救いは、プラグ部分が海外コンセント対応のアタッチメントになっているので向きを90°変えられる事ですかね…。
 ソニーやAppleのACアダプタをデザインした人って本当にスゲエと思いますよ、ええ。

(4) Win7標準のタッチ操作支援ソフトが微妙にイマイチ

 ぶっちゃけた話、Win7標準のタッチ操作支援機能は「そこそこ使えるけど痒い所に手が届かない」レベル。特に「アプリケーション毎のゼスチャー設定」に未対応なのが痛いところ。まあMS様の基本スタンスは「タッチ操作のAPIとガイドラインを作ったからアプリ側が対応しろ」でしょうからね。普及率が1%にも満たないだろうタブレットPC向けにUIを真面目に対応させるソフトベンダーなんて殆ど無いでしょうが。
 
(5) 2つのUSB端子が(横画面時の)下側に配置されている
 1個は許す。特に下部中央のヤツはクレードル的な物との接続を想定しているだろうし。だがもう1個は許せん。SDカードスロットと場所変えてくれよ!
 USBデバイスを接続する際は、オスコネクタ側がL字になってる短い延長ケーブルが便利というか必須。
 画面回転機能を使って「180°ひっくり返した状態で使う」という荒技もあれど廃熱がヤバそうだよね。

(6) DOLBY Advanced AudioがCPU食いすぎ
 音声再生時にaudiodg.exeがCPU使用率の10%以上を食う場合があり、ただえさえ余裕が無いCPUが大変な事に。
 スピーカーのプロパティの「拡張」-「すべてのサウンド効果をオフにする」のチェックを入れてDOLBYを無効にすることでaudiodg.exeのCPU使用率が2%程度まで下がる。音が薄っぺらくなるけどやむなし。

(7) 専用クレードルが日本未発売

 要するにTab本体を立てる手段が提供されていない。とりあえずダイソーで買ってきた額縁スタンド(5号)を、脚が閉じないよう固定して使っているが…まあこれでいっか。

(8) MSIから対抗機が

 CPUがZ01だしメモリ増設可だし100gくらい軽いしUSB横についてるしポインティングデバイスついてるし(ry
でもコレ、搭載OSがWin7Homeの64bit版だけで32bit版は選択不可なんすかね?

テーマ : ノートPC
ジャンル : コンピュータ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【【買物メモ】 Window】

【購入品】 Windows7搭載タブレットPC Acer ICONIATAB W500【選定理由】 Windowsアプリが動き、それなり

コメント

非公開コメント

プロフィール

jot

Author:jot
俺のメモ帳へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。