スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【買物メモ】 5ボタン光学式ワイヤレスマウス PMF-405(?)

【購入品】

 5ボタン光学式ワイヤレスマウス PMF-405(?) 1,100円
20100524_5ボタンマウス1

【購入動機】

 5ボタンくらいある安いワイヤレスマウスが欲しかったので。

【製品仕様】

 ・比較的小ぶりの本体。モバイル用途を意識している感じ。
 ・USBレシーバは結構小型でマウス内部に収納可能。
 ・左側面に「戻る」「進む」ボタンを備える5ボタン仕様。
 ・ボタンへの機能割当を変更する専用ドライバ等は無し。
 ・カウント(CPI)切替ボタン付き(800cpi/1600cpi)
 ・PS/2接続には非対応
 ・2.4GHz帯使用。らしい。
 ・電源は単3乾電池1本。ニッカド電池等の充電池で動くかは未検証。


【使用感】
 ・値段の割には側面に滑り止め加工が施されたプラスチックを使用してたりして、個人的には
 結構握りやすい。

 ・受信感度は若干弱め。間に障害物があるとレシーバーとの距離が数十cmでもマウスカーソルの
 動きが鈍くなるので、デスクトップ機を机の下に入れている場合はUSB延長ケーブルを使うか机上の
 USBハブにレシーバを接続して、マウス-レシーバ間の障害を出来るだけ無くすべし。
 ノートPC左側面のUSBポートにレシーバを接続し、右側でマウスを使う程度なら問題なし。

 ・ホイール手前にある銀色ボタンがカウント切替スイッチ。一般的な6ボタンマウスで「検索」に相当する
 ボタンが配置されそうな場所だが、カウント切替専用で6ボタン目として使用することは出来ない。
 個人的には検索機能イラネから問題なし。

 ・ホイール部は光学センサではなくロータリー型のスイッチなので、ホイールをガンガン使うと
 意外と早く壊れそう。
20100524_5ボタンマウス解体
 
 ・レシーバーがマウスの電池蓋内に収納できるのは良いが、固定されないので振るとカラカラ音がする。
20100524_5ボタンマウス裏

 ・技適マークが付いていない。きっと空中線電力が凄く微弱で技適認定不要なんだ!そうに違いない!
 ことにしておこう。


【マニュアル】
 さてこのマウス、英文マニュアルが添付されているのだが、どう見てもこのマウスのマニュアルじゃない。
表題の型番に「(?)」を付けているのはこのため。

 「Press on the switch 3seconds to cut off the power and click once for power on」
  ⇒電源はスライドスイッチですが。

 「Low power indicator:」
  ⇒そんなLEDは見当たりません。

 「Press left and right mouse buttons two seconds for 800/1600 dpi selection」
  ⇒CPIボタンは飾りですか?

 「Adopt 2 AA Alkaline Batteries」
  ⇒いえ、単3電池1本です。


【電池寿命】

 この価格で単3乾電池1本駆動というのは高く評価したいところだが、何故か電池寿命がマニュアルにも
記載されていない。まぁ記載されてたとしても当てにならないが。
 というわけで仕事用マウスとして平日8時間~10時間程度使用した場合、どれくらい電池が持つか
確かめてみる。結果は後日。
 アルカリ単3電池1本で、平日8~10時間使用し続けて5週間と3日後に、突然マウスが
反応しなくなる現象が確認されたため電池切れと判定。
最近の省電力マウスとは比べ物にならないが、まあまあ実用になる範囲かと。
ちなみに電池切れ警告の類は一切なし。

【総論】

 サブマウス、サブ機用のマウスとしては悪くない。モバイル用として持ち運ぶのも
(失くしたり落としたりしても大して痛くないって観点で)アリかと。
 ただし前述のとおりホイールの耐久性が無いと思われるため、常用マウスとして使用するのは
オススメできない。

 電波法絡みのリスクについては自己責任で!
スポンサーサイト

テーマ : マウス
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

jot

Author:jot
俺のメモ帳へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。